こんにちは。今日は、おんな城主直虎の3話を見た感想をお伝えしていきたいと思います。おんな城主直虎の3話も、まだ子役でしたね。もうそろそろ、柴咲コウさんがでてきてもいいと思うのですがまだになりましたね。

 

 

まず、3話を見た感想として一番印象の残ったのは、おとわの父・直盛(杉本哲太)はずいぶんと弱腰やなあっておもいました。もちろん、今川家が絶対的な実力をもっているとは思います。

 

 

しかし、下知に対してなにも言えないってところはちょっとどうなのかって思いましたね。逆に、直平(前田吟)についてはやりすぎのような気もしますがそれぐらいしなければ小野家が自由にやりすぎてるんですよね。

 

 

井伊直盛は弱腰だけど直平はイケイケ

 

どうしても、それを歯止めるためにはなんかしらしなければならないとは思います。そのため、強行したんですけど最終的にはそれが良かったともおもえましたね。それがなければ、おとわがかえってくれることがなかったですね。

 

 

あと、気になったのは直盛が頼りないために逆に南渓和尚(小林薫)が目立っていました。こちらについては、直盛との話の中で出家を押し通すことをアイデアだしたり、根回しを上手にしていました。

 

 

そこは今後も続くのでしょうか。頼りになる存在でしたね。酒をちょっと飲みすぎのような気はしましたが。それにしても、今川義元を演じている春風亭昇太さんは本当にセリフないですね。

 

 

驚くほど話をしません。あの気持ち悪い顔だけで、なにかしらの表現をするのはとても難しそうです。井伊家にとっては、今川家とはうまく付き合っていかなければならないのでキーポイント的な存在になりそうですね。

 

 

来週からは、出家して坊主として過ごしますのでどんなことが起きてくるのか楽しみになってきますね。今後も、「おんな城主 直虎」をずっと追い続けていきたいなと思います。ちなみに今後、「おんな城主直虎」のネタバレは下記に詳しく書かれています。

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじはコチラ

 

 

視聴率はまだまだ伸びてきていませんが、個人的には「真田丸」より面白いので視聴率については今後伸びてくるのではないでしょうか。更に、子役の期間が終わり柴咲コウさんが登場することで右肩上がりになっていけばいいと思います。楽しみですね。