こんばんは。今日は、1月8日の日曜日に放送された2017年1話目の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の視聴率についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

初回の視聴率は、16.9%とまずまず最近のドラマの中ではよかったと言える数字だと思うのですが、ここ5年間の大河ドラマの中で、低迷した「花燃ゆ」に次ぐ視聴率です。

 

 

昨年の「真田丸」が19.9%だったことからかなり低迷するのではないかとインターネットでは話題になっています。個人的には、まだ初回という想いや幼少期で3人の幼馴染の子供が出ているので楽しかったんですけどね。

 

 

早々と柴咲コウさんに代わるよりも、しっかり幼少期を描いていることにむしろ好感がもてました。最近の子役は演技もうまいですからね。思わず感情移入してしまいました。

 

 

まあ、ここ5年間の中で2番目に低い視聴率だったとしてもまだ始まったばかりです。しかも、最近はスマートフォンも普及したことでテレビの視聴率はどんどん低下していっています。

 

 

なので、5年前に「八重の桜」で初回が視聴率21.4%あったのと単純に比較することはできないでしょうね。真田丸の場合は人気武将の真田幸村を描いた話題性がありましたし。

 

 

なので、今の2017年のテレビの視聴環境を考えると16.9%は決して悪くない。むしろ、いい方だと思いますね。インターネットなどでは、花燃ゆなどのようにならないか不安の声も上がっていますがそれはどうでしょうね。

 

 

女性が主役の大河ドラマはなかなかうまくいかないと言われたりしますが、「篤姫」や「八重の桜」はとても人気になりました。今回の「おんな城主 直虎」も始まる前に直虎は実は男だったというニュースがでたりしていましたよね。

 

 

真田丸と違って内容がベールに包まれているだけに、楽しみが多いともいえると思うのですが、あなたはどうですか。この辺りは個人的な意見になるんですけどね。少なくとも1話をみた限りとても面白ろかったので、今後も見続けていこうと思っています。