こんばんは。今日は、朝ドラ「べっぴんさん」のさくらについて今後どうなっていくのかというのを予想していきたいと思います。べっぴんさんは、ここ最近ヒロインのすみれVS娘・さくらみたいな展開になっていますよね。

 

 

思春期なので、どうしても仕方ない部分があるとは思うのですが今後どんな方向に向かっていくのか予想していきたいと思います。その予想に際して前提となるのは、今回の「べっぴんさん」には実在モデルがいるということです。

 

 

すみれのモデルになっているのが坂野惇子さんで、さくらのモデルになっているのが坂野光子(てるこ)さんになっています。坂野光子さんがどんな人物だったのかというと、留学してスヌーピーを持ち帰ったことがきっかけでファミリアがスヌーピーのグッズを販売するきっかをつくった人物です。

 

 

 

光子さんは、小学校から高校まで一貫の学校に通っているので、べっぴんさんとはちょっと異なっていますよね。なので、今回の親子の喧嘩であったりクラブに出入りしたりってのは脚本のオリジナルかなと思いますね。

 

 

 

なので、なかなか予想が難しいところですが一つの可能性としては、二郎と一緒に東京に行くってことが一つありますね。ただ、この恋はおそらくうまくいかないでしょう。なんせ、お嬢様育ちなのでまったく住む世界が異なりますね。

 

 

 

ということは、どこかのタイミングで留学をするのでしょうか。叔母さんにゆりという英語ができる人物がいますので、きっかけをどこかでえるような気がしますね。べっぴんさんの大筋のストーリーは史実と近いので、どこかの段階で留学するのではないでしょうか。

 

 

 

そうすることで、すみれや紀夫の心配も減るしさくらの方も自由にできるのかなって思いますね。時代が少し前だと難しいことですがこのころになると、留学もできるようになっていますのでそんな感じがしますね。

 

 

べっぴんさんの中で、果たしてどんな形でスヌーピーが描かれるのか。はたまたまったく描かれないのか。史実にも興味があるあなたは検索してみると楽しいかもしれませんよ。